検査を希望される方へ気軽に検診 手軽に安心

生活習慣病をご存知ですか?

生活習慣病とは、以前は成人病とも言われましたが、ストレスや食生活の欧米化をはじめ、運動不足や喫煙といった日常生活そのものが関係する病気の総称です。代表的なものにがんや心臓病(心筋梗塞等)、脳疾患(脳梗塞・くも膜下出血等)などがあります。
特に、がんは昭和56年(1981年)より日本人の死因の1位で、厚生労働省の調べによると、平成20年度の死亡総数に占める割合は30%にのぼります。これに心疾患(15.9%)、脳血管疾患(11.1%)を合わせると、実に生活習慣病だけで、約60%になることがわかります。
生活習慣病の恐ろしい点は、自覚症状がない場合が多く、自分で病気に気づかないことが多い点です。

死亡率の推移(昭和35年~平成20年)

死亡率の推移
出典:厚生労働省大臣官房統計情報部「人口動態統計」(平成20年)

早期発見が重要

MRIやCTで検診~診断をする最大のメリットは、例え自覚症状はなくても病気を早期に発見し、早期治療~完治につなげることができることです。特に最近では、早期発見のために定期的な検診を行うことが奨励されています。

 

ページTOP
九州画像診断クリニック
  • 〒810-0073
  • 福岡市中央区舞鶴1-1-7 
    全労済モルティ天神ビル1階
  • TEL:092-737-4830
  • FAX:092-737-4831
  • 院長:古川 達也(放射線科専門医)

  • 診療時間

ココからだ